テロック・アヤ 昔と今 (Telok Ayer)

109 Downloads
$9.98
  • Instant Confirmation
  • Low Price Gurantee
  • No Cancellation
  • Open Date Trail
  • Travel At Your Own Pace
iphone_6 background

 

Telok Ayer Street

(テロック・アヤ・ストリート)。実はその昔この辺りは海辺で、元々マレーの漁民が住んでいた。イギリスがシンガポールを植民地として支配するのにあたり、ラッフルズ卿は1822年、都市計画で初めて華人をテロック・アヤに移り住ませた。それ以来、華人の移民コミュニティは、まさにこのストリートを中心にして発展し繁栄してきた。のんびりと食と歴史を楽しみながら、シンガポールに最初に移り住んだ人たちの足跡をたどってみよう。

スタート:タンジョンパガーMRT駅
ゴール:テロック・アヤMRT駅

  • テロック・アヤ・グリーン (Telok Ayer Green)
  • シアン・ホッケン寺院 (Thian Hock Keng Temple)
  • チョン・ウェン・ガ・カフェ (Chong Wen Ge Cafe)
  • 福建会館の壁画 (Hokkien Huay Kuan Mural)
  • ナゴールダルガー・インディアン・ムスリ ム・ヘリテージ・センター (Nagore Dargah Indian Muslim Heritage Centre)
  • マイ・オーサム・カフェ (My Awesome Cafe)
  • アンシャン・ヒル・パーク (Ann Siang Hill Park)
  • マックスウェル・フードセンター (Maxwell Food Centre)
  • シンガポール・シティ・ギャラリー (Singapore City Gallery)
  • テロック・アヤ・チャイニーズ・メソジスト教会 (Telok Ayer Chinese Methodist Church)
  • アモイ・ストリート・フード・センター (Amoy Street Food Centre)